低金利でお金を借りることが出来る理由

お金・借りるなら.com

MENU

低金利でお金を借りることが出来る理由

一般的な消費者に向けられた少額融資では、低金利でお金を借りることができます。なぜこのようなことが出来るのかというと、法律によって一定以上の金利を設定することができないようになっているからです。このような法律のことを利息制限法と言います。
消費者に対する少額融資に関しては、消費者とお金を貸す貸金業者の双方に不利がないように、様々な法律が適用されることになります。融資に関する上限だけではなく、金利に関する上限も存在しており、これらの法律によって低金利でお金を借りることが出来るのです。金利の法律に関しては、融資の金額によって明確に上限が決まっていますので、融資の金額が決まればその金額に従って法律上で上限が決められることになり、必ず低金利でお金を借りることができます。
利息制限法では、10万円未満の融資では20%の利息を設定することが出来ますが、10万円以上の融資になると最大でも18%の利息しか請求することができません。そして、融資の金額が100万円以上になると15%の利息しか請求できなくなるのです。
このように、利息制限法では消費者に対する融資の金額が大きくなればなるほど、それに反比例して利息の上限を小さくしていかなくてはいけないようになっており、貸金業者の勝手な判断によってこれを破ることはできません。
さらに、下限に関しては特に制限が無いため無利息でもお金を借りることができ、非常に利用しやすい状況なのです。